タイムレコーダーを使用している企業が沢山です。

私は仕事でタイムレコーダーを使用しています。それは遊びではありません。非常に重要な形で使用されていますから、それで色んな影響を受けて来ました。一方、自宅にもタイムレコーダーはありますが、仕事のように使用していません。違い意味で重要だと思いました。仕事ではどんな目的で使用されているのか?それは出勤簿扱いです。人間は記入する事をよくしますが、完璧という言葉が程遠いほど忘れてしまいます。機械で人間をコントロールしているような気がしました。それで生き残るのもありだと思いますし、出勤と大金をわざわざ記入しないといけない、これは忘れてしまうと、上司だったり、事務の手続きが必要になりますから。面倒になりますが、機械の打ち忘れだったり、自分達が忘れてしまった場合でも上司だったり、事務側の手続きが必要になる事に変わりありませんが…。

やはりタイムカードで利用する方法があります。タイムカードでも売っていても、会社によっては超勤簿が必要になりますから、これにも書き込まなくてはいけません。自宅で使用するタイムレコーダーは別名が目覚まし時計です。「ジリリリ…」となると、自宅では目が覚めています。目覚まし時計で生きるビジネスとしても存在感を示します。会社はタイムレコーダーでビジネスとして売り出すのです。使い方は企業か家庭のどちらかになります。やはり会社の方がタイムレコーダーの捉え方に限ります。工事でセッティングして貰うのか、業者から購入するのかで絞られます。目覚まし時計は家庭に一台あれば十分です。後は目的時間に設定すればいいのです。

タイムレコーダーは給料に大きく響くのが会社側の本音であり、社員の命も握っています。タイムレコーダーで使用するタイムカードが月末に調整します。事務側が記入漏れなしか?を調べていきます。もし不備があれば、直接本人を呼んで記入して貰う、事務が書き込む事はありません。あとは超勤簿と照らし合わせて、給料振込までに手続きを完了しなければなりません。給料は命を握っています。自宅で使用するタイムレコーダーはまた違う意味で重要になっています。それは朝早くだったり、起きれない人ように作られた機械だと認識しています。タイムレコーダーでビジネスになるのは認めています。まだまだやるべき事があるから、改善を期待したいものです。タイムレコーダーは会社の生命線ですし、一般の人もまた違う意味で生命線です。使い方に工夫が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です